福岡市西区姪浜のいわや小児科クリック(地下鉄姪浜駅より徒歩5分)

colum008

【ザ・病気】胃腸炎

胃腸炎の原因となる病原体には大きくわけて2つ、ウイルス細菌があります。ウイルスではロタ、アデノ、ノロウイルスSRV(小型球形ウイルス)などが有名ですが、便の中のウイルスが口に入ってうつる経口感染だけでなく、のどにいるウイルスの飛沫感染もあり、伝染力が強いです。
 他方、細菌にはキャンピロバクターサルモネラ、病原性大腸菌、腸炎ビブリオ、エルシニア、ブドウ球菌、ボツリヌス菌などがあり、汚染された食品や水のなかの菌そのものが胃腸で増殖したり、産生された毒素により症状をおこしてきます。原因により治療方針がちがってきますし、排菌が続いていると下痢がよくなっても登園、登校が禁止されることがあります。食事の前にはよく手を洗い、鶏肉や卵、牛肉などは特に加熱を十分にしましょう。

いわや小児科クリニック

〒819-0006
福岡県福岡市西区姪浜駅南2-1-37
メディカルビル・竹下2F
(ウェストコート姪浜前)
TEL:092-892-1585
FAX:092-884-2070

携帯電話専用サイト

上図QRコードからアクセスください。読み取れない場合は
http://www.iwaya-clinic.jp
にお手持ちの携帯電話にてアクセスください。

インターネット予約はこちら

携帯電話またはスマートフォンにてご利用されたい方はこちらよりQRコードを撮影して予約画面にアクセスください。