福岡市西区姪浜のいわや小児科クリック(地下鉄姪浜駅より徒歩5分)

NEWS LETTER

いわや通信『スマイル』2011年春号

2011年04月01日

【ザ・病気】『ギョウ虫』
最近、寄生虫にお目にかかることはまずありません。
でもギョウ虫だけは減っていません。
5~10歳の子どもの5~10%、またこの子どもたちの両親の年齢層...
【知っておきたいマメ知識】咳がひどい時 ~家庭でできるケア~

空気が乾燥しないよう、加湿器などを使って部屋の湿度をあげましょう。加湿器がない場合、ぬれたバスタオルなどを室内に干しておくだけでも違います。
  水分をとると、のどが湿って呼吸が楽になり、たんも切れやすくなります。咳き込んでいないときに、こまめに少しずつ与えます。
  幼児さん以上だと、甘いアメを舐めさせたり、ハチミツをお湯に溶かした温かい飲み物をむせないように飲ませるのもいいですよ。
   また、咳がひどいときは食事の量も1回分を少なめにして咳き込みで吐かないように気をつけましょう。上半身を起こし、背中をさすってあげると楽になります。
  コンコンと乾いた咳なのか、ゴホンゴホンと湿った咳か、ゼーゼーなのか、咳の音をよく聞きましょう。
  咳が出るのは、明け方、朝、昼間、夜中、寝入りばななのか、その時間帯もチェックしておきましょう。

いわや通信『スマイル』2010年秋号

2010年10月01日

【ザ・病気】おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)と反復性耳下腺炎
【おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)】とは、耳下腺や顎下腺など、唾液を作る組織が急に腫れて痛みや発熱を伴う、ムンプスというウイルスによる感染症です。
【知っておきたいマメ知識】子どもの睡眠
深い睡眠は成長ホルモンの分泌を促して、脳と体を成長させます。この成長ホルモンが分泌されるのは夜の10時から夜中の3時頃までで、この時間を睡眠のゴールデンタイムと呼んでいるそうです。その時間に起きていると成長ホルモンの分泌が減ってしまいます。また、夜暗くなるとつくられるのが抗酸化作用、抗ガン作用があり、人間の体を守るメラトニンというホルモンです。

いわや通信『スマイル』2010年春号

2010年03月10日

【ザ・病気】新しいワクチン肺炎球菌ワクチンとヒブワクチン我が国では、年間約2~3万人のこどもが菌血症(血液の中に細菌が入り込み、全身に炎症を起こす状態)をおこし、そのうち1000~2000人の子供が細菌性髄膜炎を発症しています。
【知っておきたいマメ知識】吐いたとき…主にウイルス胃腸炎(嘔吐下痢症)のとき子供は咳、食べすぎなど、ちょっとした原因で吐くこともあります。吐いた後、きげんも良く、元気なら心配ないのですが、中には重大な病気もあるので、注意が必要です。

いわや通信『スマイル』2009年夏号

2009年08月06日

【ザ・病気】じんましんじんましんは皮膚の浅い層に、大小様々な赤いブツブツや、地図のように形の不規則な腫れが現われ、強い痒みを伴います。湿疹とは異なり、数分から数時間後に跡を残さず消えますが、身体のあちこちに出没することがあります。1ヶ月以上続く場合は「慢性的じんましん」と診断されます。 じんましんの原因には 食物や動物、薬剤アレルギー・皮膚への機械的圧迫刺激・温熱や寒冷刺激・強い紫外線・発汗・心因性ストレス・風邪や副鼻腔炎、虫歯など感染症に伴うものなど種々ありますが、約半数は原因不明とされています。 【知っておきたいマメ知識】診察を上手に受けるコツ〔連れて来る人〕お子さんの様子をよく知っている人が連れてきて下さい。誰かに頼むときは、経過を書いたメモなどを持たせて下さい。情報が少なかったり、あいまいだと診断に苦労します。〔持って来るもの〕・母子手帳、保険証、医療証、お薬手帳、診察券・症状と経過を書いたメモや熱型グラフ(当院ではご希望の方にお渡しします)・便がおかしいときは、その便(オムツ)を見せて下さい。・発疹、じん麻疹、けいれんなどの症状を撮った写真やビデオ・他の病院や急患センターでもらった薬の名前を書いた紙や検査結果・オムツ、おしり拭き、ミルク、お気に入りのおもちゃなど・・・待ち時間が長くなったり、症状によっては点滴をすることもあります。

いわや通信『スマイル』2008年秋・冬号

2008年09月01日

【ザ・病気】「RSウイルス」ってなあに?
毎年秋から冬に、乳幼児の間で流行する「かぜ」の原因ウイルスの一つです。(今年福岡市内では、真夏に保育園で大きな流行となりました。)鼻水や鼻づまりから始まり、咳や熱が出始めます。年齢によって症状や経過が異なり、6ヶ月以下の赤ちゃんが…
【知っておきたいマメ知識】病気のときのおふろ
こども(特に赤ちゃん)は新陳代謝が活発ですから、できれば毎日おふろに入れてあげたいものです。しかし、おふろは、かなり体力を消耗します。風邪などの病気のときはどうしたらよいのでしょう?…

いわや通信『スマイル』2008年春・夏号

2008年04月01日

【ザ・病気】夜尿症
小さなお子さんが夜眠っている間に作られる尿の量が多すぎたり、尿をためる膀胱が小さすぎるためにお漏らししてしまうのはおねしょです。5、6歳を過ぎても、月に数回以上おねしょすることを夜尿症といい…

【知っておきたいマメ知識】保湿剤のぬり方
顔…保湿剤を点在させ、円を描くように伸ばします。小鼻のわきも忘れずに。口のまわりと目のまわりは特にやさしく、円を描くように。耳…耳は麺棒より保護者の小指のほうが、奥まで入りすぎず上手に…

いわや通信『スマイル』2007年秋・冬号

2007年09月01日

いわや通信『スマイル』2007年秋・冬号

【ザ・病気】今年はタミフルが使えない!インフルエンザワクチンを受けましょう!
毎年毎年、インフルエンザにはいろいろな問題、話題でふりまわされます。ワクチンが足りない、検査キットが、タミフルが足りない…etc。昨年は流行の始まりが例年より1ヶ月も遅く、2月半ばから…
【知っておきたいマメ知識】頭を打った~おうちでできる事~
こどもが転落事故などで頭を打った場合慌てないで!!まず落ち着いて子どもの様子を観察しましょう。1:意識がない・けいれんする=急いで救急車を呼びます。脳神経外科のある病院へ…

いわや通信『スマイル』2007年春・夏号

2007年01月01日

いわや通信『スマイル』2007年春・夏号

【ザ・病気】溶連菌感染症ってなぁに?
のどが痛くなる病気の原因にはいろいろなウイルスや細菌がありますが、溶連菌(溶血性連鎖球菌)という細菌の感染症はいくつかの点で重要です…
【知っておきたいマメ知識】じょうずな手洗い~病気を予防するために~
子どもにとっての手洗い子どもは、口に指を入れたり、物をなめたりします。風邪だけではなく、様々な病原体が口から体に入っていきます。ですから、手をよく洗うこと…

いわや通信『スマイル』2006年秋・冬号

2006年09月01日

いわや通信『スマイル』2006年秋・冬号

【ザ・病気】気管支喘息ってどんな病気?治るの?
気管支喘息とは、急に息が苦しくなり、呼吸の度に(特に息を吐く時に)ヒューヒューとかゼーゼーという喘鳴(ぜんめい)がきこえるようになる状態(喘息発作)を、一年のうちに何回か繰り返す病気です。この病気は気道(口や鼻から吸った空気が肺にたどり着くまでの空気の通り道)の粘膜が敏感であるために…
【知っておきたいマメ知識】子ども連れの旅行
子どもと一緒の旅行、何ヶ所も観光して回るようなたびではなく、子どももママ達ものんびりくつろげて楽しめるところがいいでしょう…

いわや通信『スマイル』2006年夏号

2006年07月01日

いわや通信『スマイル』2006年夏号

【ザ・病気】日本脳炎ワクチンのお知らせ昨年4月30日、突然、厚生労働省は現行の日本脳炎ワクチンの副反応により、ADEM(急性散在性脳髄膜炎)が発生しうるとの判断から、日本脳炎予防接種の積極的勧奨を差し控え、組織培養による新しいワクチンが認可されるまでは接種をすすめないようにという通知をだしました。ワクチンの専門家も…
【知っておきたいマメ知識】こどもの便秘
うんちは習慣毎日朝食後にうんちをする習慣をつけましょう。はじめのうちは、便意がなくても5~10分すわらせてみて下さい。何日かすると自然に便が出るようになりますよ!トイレに行くのをいやがる時は、部屋でオマルを使ったり、トイレを…

いわや小児科クリニック

〒819-0006
福岡県福岡市西区姪浜駅南2-1-37
メディカルビル・竹下2F
(ウェストコート姪浜前)
TEL:092-892-1585
FAX:092-884-2070

携帯電話専用サイト

上図QRコードからアクセスください。読み取れない場合は
http://www.iwaya-clinic.jp
にお手持ちの携帯電話にてアクセスください。

インターネット予約はこちら

携帯電話またはスマートフォンにてご利用されたい方はこちらよりQRコードを撮影して予約画面にアクセスください。